最新情報
2015年1月25日
「まさか!」の時のために・・・
「必ず役に立つ震災食講座」を開催しました
文字サイズ

石川県栄養士会と大塚製薬(株)と共同で1月25日(日)七尾サンライフプラザで「必ず役に立つ震災食講座」を開講しました。どんたく店頭で応募下さった30名のお客様を対象に、石川県栄養士会の橋本良子能登支部長を講師に、電気やガスなどのライフラインがストップしても、お湯さえ沸かすことが出来ればごはんが炊けたり、簡単なお惣菜が作れることを実践しながら、学んでいただきました。講義の後、試食してみましたがポリ袋とお湯で20分でお米がちゃんとごはんに変わっておりましたし、ポリ袋を使うことで野菜等の調理はほとんど水を使わず、素材の美味しさを味わうことが出来ます。アウトドアでも活躍できますし、まさかの時も本当に役に立つ調理法でした。どんたくでは、今後も各地域で同講座を計画し、普及していきたいと考えております。


橋本先生から「震災食」について学びます

材料と調味料をポリ袋に入れて、調理します。
この記事に関するお問い合わせ先:
山成商事 ㈱(食品スーパーどんたく)
Tel:0767-53-2727㈹
Copyright © 2011 Yamanari Syoji Co., Ltd.