HOMEいいものをつくろう宣言

提携している企業様のこだわりや開発秘話を配信!

宮本製菓

どんたく創業時から40年以上のお付き合いがある宮本製菓様。
初めてどんたくと共同開発を行った「しみチョコ能登あられ」も好評のいま、改めて菓子づくりにかける想いを伺いました。


能登素材でつくる、変わらぬ味
米の風味豊かなおかき

昭和24年の創業以来、おかきやあられといった米菓子をつくり続ける宮本製菓。素朴でどこかなつかしいパッケージを見ればピンとくる方も多いのではないでしょうか。主原料のもち米だけでなく、塩や水まで可能な限り地元産素材を使うおかきは、しっかりとした米の味わいとなんともいえない香ばしさが特長です。時代の流れと共に、塩分や甘さなど多少味は変えているものの、品質への厳格な姿勢は先代から一貫しており、その想いは現社長にもしっかりと受け継がれています。最近では、これまで入手が難しくどうしても県外産に頼るしかなかった大豆や黒豆を、珠洲の農家から買い付けるルートを開拓。生産者の顔が分かる安心・安全、そしておいしい素材を選ぶことで、地産地消にも取り組んでいます。

昔から変わらない、売場でも一目で分かるパッケージ

正直に、まっすぐおいしさと向き合ってゆく

宮本製菓では、餅米を蒸して石臼でつき、成形して焼き上げる昔ながらの製法を守り、すべて自社で行っています。そこで活躍するのが、社長をいまだに〝ちゃん付け〟で呼ぶベテランパートさんたち。力仕事は機械を併用しますが、ムラなくつけるよう石臼の餅を返したり、ガス釜の中で均一に焼き上がるようおかきを並べたりといった素材のコンディションによって微調整が必要な作業はやはり人の手にはかないません。シンプルだからこそ、つくり手の姿勢がダイレクトに伝わるおかき。「安価な菓子もたくさんある中で、決して安くはないうちの商品を選んでくださるお客様の期待に応えたい」。温和な宮本社長が一瞬だけ見せた厳しい表情に、強い信念を感じました。

今後について熱く語る宮本社長