最新情報
2011年11月17日
七尾市快適環境づくり市民委員会に参加して
七尾市の山王小学校でエコクッキング
文字サイズ

山王小学校では、食品残渣を使用してダンボールコンポストで生徒たちが堆肥作りに挑戦しています。
食品残渣はどんたくで廃棄される野菜などの残渣を提供しましたが、生徒たちは失敗を繰り返しながらも堆肥を作ることができました。

そこから作られた堆肥で白菜を栽培し、先日収穫してきました。

今日は、収穫した白菜とどんたくから購入した地元の野菜などで鍋料理に挑戦です。
どんたくも参画しています七尾市快適環境づくり市民委員会のメンバー10名が協力して、6年生71名と鍋料理を作りました。

この試みの趣旨としては
鍋の特性であります省エネと、フードマイレージの少ない地元の野菜を使用し地産地消を実践すること。
鍋料理は食品の捨てる部分が少なく無駄なく調理できる上、ゴミも減量でき、野菜などの残渣もダンボールコンポストで利用できることで「ゴミゼロ宣言」をします。
さらに、包丁で野菜を切ったりすることで料理の楽しさも体験してもらうという、大変盛りだくさんのクッキングとなりました。

校長先生も参加され、6年生の子どもたちにとって小学校でのいい想い出にもなったことでしょう。


自分たちで育てた白菜です

2教室に分かれての調理です
この記事に関するお問い合わせ先:
山成商事 ㈱(食品スーパーどんたく)
Tel:0767-53-2727㈹
Copyright © 2011 Yamanari Syoji Co., Ltd.