HOME新着情報お知らせ能登の里山の宝物 『のとてまり』

新着情報 NEWS

能登の里山の宝物 『のとてまり』

 「のとてまり」とは、奥能登地方で原木栽培でじっくりと育てられた大型・肉厚の椎茸「のと115」の中でも、サイズなど厳しい出荷基準を満たしたものだけが名乗れるプレミアム椎茸です。地元穴水高校では、地域学習の一環として「のとてまり」の栽培を行っており、本日26日(土)、金沢中央卸売市場に初出荷されました。穴水高校の生徒さんたちは、「のとてまり」の栽培を通して、世界農業遺産である能登の里山の保全活動や、能登の魅力のPR活動を行っています。

『地域支援業』を目指すどんたくは、能登野菜のブランド化を推進していくだけではなく、生徒さんの中から、将来農業に興味を持ち、共に能登の自然・食文化を守り育てていく人材が出てほしいという想いも込めて、今回の穴水高校の初競りに参加し、落札・購入させていただきました。

この能登の里山の宝物を多くの皆さまに知っていただき、味わっていただきたいと考え、どんたく西南部店の「きのこまつり」イベントにて展示し、振る舞い試食を行いたいと思います。「きのこまつり」は1月26日(土)・27(日)の2日間、振る舞い試食は、「のと115」にちなんで27日(日)の午後1:15から、どんたく西南部店にて行います。 皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

新着情報の一覧へ戻る